借家と貸家の違いは

借家は借りている家のことであり、貸家は所有者から見た言い方です。
賃貸アパートや賃貸マンションと比べて一戸建ての借家にはメリットがあります。
まずは管理費や家賃の他に支払わなくても良いということです。
しかし、自分で借家を維持管理しないといけないというデメリットがあります。
家の周辺の草むしりや掃き掃除などが該当されます。
賃貸アパートや賃貸マンションでは管理費含まれる為、何もする必要がありません。
これが借家と貸家大きな違いと言えるでしょう。

また、電気やガスなどの不具合が生じた時には、自分で会社に連絡をしないといけません。
借家の場合は、管理人やオーナーが近くにいないからです。
デメリットかどうかは人それぞれですが、借家の場合はご近所付き合いをしていかないといけない部分があります。
貸家の場合は、隣近所の付き合いがあまりないのが事実です。
さらに、借家は一戸建ての物件となる為、玄関以外にも部屋の窓などの戸締りが必要になります。
借家には借家のメリットとデメリットがあります。
貸し家には貸し家のメリットもデメリットもあります。

借家に入居する時には、礼金制度は廃止されている傾向にあるものの、敷金制度はしっかり残っています。
入居者が長年住んでいるとなると、当然すぐには当初の状態には戻りません。
そのため、敷金はそのリフォーム代金に充てられることになります。
また、賃貸料の滞納や穴埋めをするための預り金という意味合いも強いです。
借家に関する法律で全部決められており、アパートやマンションとは大きく変わるところありません。
このサイトは借地と貸家の違いについて説明しているサイトです。



■管理人特選サイト
借地権に関する様々な質問や相談が出来るサイトです > 借地権

Copyright © 2014 借家って何?貸家との違いを紹介します! All Rights Reserved.